お知らせ

2月24日に合格発表があり、恒例の合格者への胴上げを行いました。
合格された本人とお父様を記念に胴上げをしたところ、感激のあまり涙ぐんでおられました。
また、感激のあまり「入部します!」と言ってくれた方もおりました。
 
合格された皆さん、おめでとうございました。
4月にまた会いましょう。
 
  

「第31回カレッジボウル2018川崎」が Football TV!  で公開されています。
本学の菊池雄大君(3年)は 3'17 から抱負を述べています。
 
Team All TOP8として出場している選手のヘルメットには「hgu」デカールが!
 
 

関東学生アメリカンフットボール連盟主催の「第31回カレッジボウル2018川崎」が1月14日に開催され、
北海道選抜として 本学のDL菊池雄大君(3年)と北海道大のQB横松佑宣君(2年)君が
Team All TOP8に、東北選抜はTeam All BIG8として参加しました。
 
試合は5−6でTeam All BIG8が勝利し、本学より出場した菊池雄大君が
関東1部4年生のチームに入り活躍した功績により「 特別賞」を受賞しましたので
インタビューを行いました。 
 
 
  

 
  
 
Q1.今回、特別賞を受賞されましたが、受賞理由をお聞かせください。
 

ありがとうございます。
もちろん北海道から来たということで、連盟側の配慮もあったはずですが、ロスタックルやプレッシャーを見ていただけたと思っています。

 
 
Q2.記録に1ロスタックルとありましたが、プレーを振り返って。
 

せっかく北海道から来たので、何か1つでも爪痕を残したいという気持ちでプレーしていました。アウトサイドのランプレーだったと思いますが、ギリギリ追い付きました。あのプレーでチームに認められたような気がします。 

 
 
Q3.TOP8、BIG8の選手は基本的に4年生ですが、力の差やスキルなどで違いを感じましたか?
 

もちろんレベルの高いフットボールをしていて正直感動しました。しかし、大学からフットボールを始めた僕でも充分戦えるというのが分かり、自信に繋がりました。

 
 
Q4.前日のチーム練習が初めて一般公開されましたが、感想は?
 

僕にとっては富士通スタジアム川崎という素晴らしいグラウンドで練習、試合をできて光栄でした。練習は主にシステムの確認だったのですが、僕にとってはそれも勉強で、学ぶことがが多かったです。

 
 
Q5.その他、皆さんに伝えたいことなどがあれば。
 

まずは今回カレッジボウル2018へ選出していただいた北海道学生アメリカンフットボール連盟並びに、関東学生アメリカンフットボール連盟に感謝しています。ありがとうございました。関東と北海道では、もちろん力の差、知識の差は埋められないほどありましたが、一番の差は「フットボ
ールに取り組む姿勢」だと感じました。これはもしかしたら北海学園大学と関東の違いなのかもしれませんが、フットボールで優勝するために本気で取り組む、ただ真っ直ぐに、ひた向きに自分たちのフットボールを貫くこと。自分、チーム、フットボールと向き合うことが大事だと感じました。

 
最後に、菊池君は新主将にも選ばれ、皆んなを引っ張っていく立場になりました。
昨年はチームの存続にかかわるような出来事があり、それぞれが悔しい想いをしたと
思いますが、たくさんの方々に支えられている事も感じられたと思います。
その気持ちを忘れず、良いチームを作ってください。
 
来シーズンは既に始まっています。頑張ってください。
 

来シーズンに向けての抱負
  45期主将  菊池 雄大

北海学園大学アメリカンフットボール部45期主将の菊池雄大です。
昨年はリーグ戦の棄権により最下位という結果に終わりました。
優勝した北海道大学を後一歩のところまで追い詰めましたが、勝ち切れませんでした。
来年はその後一歩で勝ちきれるチームを目指し、現在練習に励んでいます。
 
活動を再開したゴールデンベアーズは今までとは違い、モラルのある集団として北海学園大学を引っ張っていこうと心掛けています。
 
来季の目標は北海道制覇です。
アメリカンフットボールの技術だけでなく、人として北海道制覇に相応しい存在を目指します。
応援よろしくお願い致します。
 

表彰選手が発表され、本学より下記2名が選出され表彰されました。
  オフェンス WR #18 上田 輝 3年(2回目の受賞)
  ディフェンス DB #31 丸山 将央 4年(3回目の受賞)

対北海道科学大

本日行われた北海道科学大との試合は 74-19 で勝利しました。
家族会、OB会、関係者の皆様、たくさんの方々の応援ありがとうございました。 
 
この結果、来シーズンも1部リーグで戦うことになりました。

対北海道科学大 2017年10月29日 10時キックオフ

入替戦が札幌大学グラウンドで開催されます。
 
今シーズン最後の試合です。是非試合会場へお越しください。
皆様の応援よろしくお願いいたします。
また、入替戦終了後には閉会式と表彰選手の発表があります。

対北海道大

本日行われた北海道大との試合は 13-15 で敗退しました。
家族会、OB会、関係者の皆様、たくさんの方々の応援ありがとうございました。 
 
今シーズンの成績は 1 勝 1 負 3 棄権試合(6位)でした。
この結果、10月29日(日)に開催される1部2部入れ替え戦に出場することになりました。
今シーズンの集大成の試合になります。
皆様の応援よろしくお願いいたします。

対北海道大 2017年10月15日 13時キックオフ

秋のリーグ戦第5戦が円山陸上競技場で開催されます。
 
OB会の観戦会でもあります。是非試合会場へお越しください。
試合会場へお越し頂けない場合は USTREAM をご覧ください。
 
皆様の応援よろしくお願いいたします。

対北星学園大

本日行われた北星学園大との試合は 56-6 で勝利しました。
家族会、OB会、関係者の皆様、たくさんの方々の応援ありがとうございました。 

対北星学園大 2017年10月8日 10時キックオフ

秋のリーグ戦第4戦が北海学園大清田グラウンドで開催されます。
 
第1〜3戦は部員のケアと再発防止の観点より棄権いたしましたが
この試合が再起を図る重要な起点となります。
 
皆様の応援が励みになります。応援よろしくお願いいたします。

 

ゴールデンベアーズはこの度の事故に関連して、安全対策と種々のガイドラインを策定、実施し
9月16日より活動を再開しております。
 
これを区切りとしまして、総監督の古堂が9月30日付で辞任したことをお知らせいたします。

 

この度発生した事故を厳粛に受け止め、その後は学生の心のケアに重点を置き
ながら、保護者への説明会の実施や数々のミーティングを重ねてまいりました。
そして、このことを教訓として、再発防止策とその実施計画を策定致しました。
今後は、再発防止のみならず、安全面にも配慮しつつ実施してまいります。
 
また、これまで自主的に活動を自粛しておりましたが、これをもちまして活動を
再開し、リーグ戦へは当初予定の第4戦から出場致します。
 

 

この度の事故を厳粛に受け止め、再発防止及び活動内容の見直しを行っており
目処がつくまでの間、自主的に活動を自粛しております。
 
また、リーグ戦へは第3戦まで参加を見送り、棄権といたします。
関係各位には多大なご迷惑とご心配をおかけすること深くお詫び申し上げます。
 

 

8月7日から予定していました夏合宿ですが、急遽中止といたしました。
 

 

秋季リーグ戦が下記の通り行われます。
応援の程、宜しくお願い致します。
 
第1戦: 対札幌学院大
日時  : 平成29年8月27日(日) 14時30分キックオフ
場所  : 北海学園大学清田グラウンド
 
第2戦: 対帯広畜産大
日時  : 平成29年9月10日(日) 10時キックオフ
場所  : 円山陸上競技場
 
第3戦: 対札幌大
日時  : 平成29年9月17日(日) 11時45分キックオフ
場所  : 北海学園大学清田グラウンド
 
第4戦: 対北星学園大
日時  : 平成29年10月8日(日) 10時キックオフ
場所  : 札幌大学グラウンド
 
第5戦: 対北海道大
日時  : 平成29年10月15日(日) 13時キックオフ
場所  : 円山陸上競技場
 
 
OB会、家族会の合同観戦会は第5戦の北海道大学戦となっております。
皆様の応援、よろしくお願いいたします。
 

対北海道大

本日行われた北海道大との試合は 20-27 で敗退しました。
 

平成29年度の夏合宿は下記の通り実施いたします。

日程:平成29年8月7日(月)〜8月12日(土)
   但し8月7日と8月12日は移動日
 
場所:森林公園びふかアイランド 多目的広場
   宿泊は隣接の「天然泉びふか温泉
   「道の駅びふか」の裏手です。
 
札幌から距離がありますが、美深は気候も良く、練習場所へも徒歩数分、
合宿に集中できる非常に良い環境です。
OB諸氏、家族会をはじめ関係者の皆様、お近くへお越しの際はぜひお立ち寄りください。
 
施設内にはキャンプ場、オートキャンプ場があり、珍しい美深チョウザメ館や
カヌー体験ができます。パークゴルフやテニスコートもあり家族でお楽しみいただけます。
 

対北海道大

春のオープン戦第4戦が北海学園大清田グラウンドで開催されます。
秋のリーグ戦の行方を占う重要な試合です。
皆様の応援が励みになります。応援よろしくお願いいたします。

対東北学院大定期戦

本日行われる予定の定期戦はグラウンド状況不良のため中止になりました。
期待してお待ちいただいていた方々、大変申し訳ありません。
両チームは急遽場所を移して、清田グラウンドにて合同練習を行うことになりました。
 

札幌大戦の写真を試合結果に追加しました。
素晴らしい写真の提供ありがとうございました。
 

対札幌大

昨日行われた札幌大との試合は 48-0 で勝利しました。
 

対東北学院大(定期戦) すずらんボウル

第63回東北学院大学総合定期戦
第27回アメリカンフットボール競技が下記の通り行われます。
応援のほどよろしくお願いいたします。
 
会場:円山総合運動場
日時:6月25日 10時キックオフ
見所:平成20年に二度目の中断から復活したアメリカンフットボール競技。
   対戦成績は平成20年以降ではあるが北海学園大学の4勝5敗(通算は8勝18敗)。
   今年度勝利すると4連覇となり、再開後タイに持ち込めるか。
   会場は周年記念開催を除いては初となる円山総合運動場、すずらんボウルの第一試合
   として開催され、東北の雄が初お目見えとなる。
 
   北海学園大学は春のオープン戦二連勝、104得点で失点は0と攻守が好調。
   また、この試合をターゲットに学内外への告知を行い集客に努めた成果が問われる。
 
   対する東北学院大学は関東学生2部の強豪青山学院大学との定期戦では6-35で
   敗戦しているが、激戦の東北学生リーグで揉まれ、毎年関東との交流を続けている
   地力は侮れないところである。
 
   勝敗とは別に、共に秋のリーグ戦を戦い抜く上で欠かせない中心戦力である
   カレッジボウル2017に出場した東北学院大のQB#1神永君と北海学園大学の
   DB#31丸山君のリーダーシップ対決も見ものである。

 

    

写真を試合結果に追加しました。
素晴らしい写真の提供ありがとうございました。
 

新年度に入り、更新が滞っておりました。申し訳ありません。
 

対北星学園大

本日行われた北星学園大との試合は 56-0 で勝利しました。
 

 

春季オープン戦が下記の通り行われます。
応援の程、宜しくお願い致します。
 
第1戦: 対北星学園大
日時  : 平成29年5月28日(日) 10時キックオフ
場所  : 北海学園大学清田グラウンド
 
第2戦: 対札幌大
日時  : 平成29年6月11日(日) 10時キックオフ
場所  : 北海学園大学清田グラウンド
 
第3戦: 対東北学院大(定期戦)すずらんボウル
日時  : 平成29年6月25日(日) 10時キックオフ
場所  : 円山総合運動場
 
第4戦: 対北海道大
日時  : 平成29年7月2日(日) 10時キックオフ
場所  : 北海学園大学清田グラウンド
 

2016/12/04
今シーズンの抱負

44期主将 堀江 理来

北海学園大学体育会アメリカンフットボール部第44代主将
になりました堀江理来(ほりえ たかき)です。

2016年は前年より順位を1つ上げたものの、優勝した北海道大学、
最下位の札幌大学に負け、納得できるシーズンではありませんでした。
2017年は43期の意思を引き継ぎ、『打倒北海道大学。打倒東北大学。』
を目指します。

そのため、このシーズンオフから自分達に何が足りなかったのか、
どうすれば勝てるのかをよく考え実行します。
また、頑張っている姿よりも勝利したという結果が何よりの恩返しに
なるので、勝利にこだわります。
今後も応援よろしくお願い致します。